太陽光パネルの設置なら利用者から好評な大辰にお任せ

模型

家庭や環境面でのメリット

屋根

使用や売電が可能

家庭用の太陽光発電では、屋根の広さにもよりますが、通常は約4〜5kW分の装置が設置されます。1kWにつき年間約1000kWhの発電量が期待できるのですが、家庭での電気の年間使用量の平均は、4000〜5000kWhです。つまり太陽光発電を導入すれば、電気料金がほぼかからなくなるということです。さらに地形や屋根の向き、気候などによっては、年間6000kWhもの電気が作り出されます。つまりより多くの電気を家庭で使用できるということですから、その分生活は一層快適になると言えます。加えて電気を使わない場合には、それを電力会社に売ることもできます。たとえば2000kWhを売った場合には、約6万円の収入を得ることができるのです。こういったメリットから、太陽光発電は現在では多くの家庭で導入されています。もちろん導入するためには、屋根の上での太陽電池モジュールの設置工事や、屋内での配線工事などが必要となりますし、それには約150万円もの費用がかかります。しかしその費用は、上記の経済的なメリットから、10年弱で回収可能となっています。さらに回収後にもメリットは残るので、その後は経済面でのプラスがどんどん増えていくのです。また太陽光発電には、環境に優しいというメリットもあります。太陽光自体が、火力や原子力と比較すると安全なエネルギーだからです。環境に大きな悪影響を与えずに電気を作り出すことができるので、家庭のためだけでなく地球の未来のために導入するという人も、多くいます。