太陽光パネルの設置なら利用者から好評な大辰にお任せ

模型

雨漏りを防ぐために

屋根

構造と雨漏りの原因

住宅では、天井板の上に野地板とルーフィング、さらにその上に屋根材が敷いてあります。これらによって住宅は雨水から守られているのですが、逆に言えばこれらに問題が発生すれば、雨水が住宅に入っていくということです。具体的には、屋根材が割れたり剥がれたりすると、その下のルーフィングが雨水を直接受け、劣化していきます。それによりルーフィングが破れると、今度は野地板が劣化していくことになるのです。そして雨水が野地板をも通過すると、天井板から雨水が屋内にポタポタと落ちてくるようになります。こういったトラブルを防ぐためには、まずは屋根材の防水機能を維持することが肝心と言えます。具体的には、表面にシリコンなどの塗料を塗って、防水性を高めるのです。塗ることで屋根材は割れにくくなりますし、その分下のルーフィングも野地板も守られやすくなるのです。割れた場合には、速やかにコーキングで割れ目を塞ぎます。既にそこから雨水が入り、ルーフィングが劣化している場合には、水気をしっかりと除去した上で、新しいルーフィングを設置します。こういった防水工事により、雨漏りは高確率で防止できるようになります。また雨漏りが発生しても、初期のうちなら同じ防水工事で改善できます。しかし放置していると、野地板や天井板が雨水によって劣化し、シミができたり腐ったりすることがあります。そのような場合は、屋根全体を交換するという大掛かりなリフォーム工事が必要となります。これを回避するためにも、防水工事は雨漏り発生前あるいは発生後早急に行うことが大事とされています。