太陽光パネルの設置なら利用者から好評な大辰にお任せ

作業員

良い塗装業者の見極め方

作業員

外壁塗装の業者を選ぶ時は、1社だけでなく複数の業者に書面で見積もりを出すように依頼します。依頼主に分かるような見積もりを作成し、丁寧に説明するところを選ぶようにします。塗料メーカーの保証書やアフターサービスの保証書を出す業者、依頼者の話に耳を傾ける態度や配慮がある仙台の業者に依頼することが大切です。

家庭や環境面でのメリット

屋根

家庭用の太陽光発電を導入すると、発電により電気料金がほぼかからなくなります。さらに多く発電できた場合には、それを売ることで利益を得ることもできます。設置工事には約150万円かかりますが、これは10年弱で回収可能です。また太陽光は環境に優しいエネルギーなので、その点からも導入する人は増えています。

架台メーカーとしての強み

家族

あらゆる土地を有効活用

大辰は、建築事業部や土木事業部からスタートした会社で、2010年から太陽光発電システムの設置などを行う環境事業部がスタートしています。そんな大辰は、建設現場での足場工事業などの経験を生かし、架台メーカーとしても様々な架台を提供している会社です。そのため、太陽光発電システムでも場所や広さに応じた架台を設計することが可能です。広い土地では、従来工法ではパネル間に無駄な間隔ができてしまうなどのデメリットがあります。しかし、大辰の単管架台工法なら、設置面積が従来工法よりも大幅にアップしているため、無駄な間隔を無くして効率のいい太陽光パネルの設置が可能です。また、単管架台工法の場合は、従来工法に比べて作業工程が少なく済むため、作業日数が大幅に短縮可能なところも魅力です。基礎工事がいらないため、家の屋根や物置、ちょっとした空きスペースなどあらゆる場所に設置可能なので、大辰の太陽光発電システムなら、どんな土地でも無駄なく有効活用できます。また大辰では、高架型の単管架台で太陽光パネルを持ち上げることも可能です。この高架型の単管架台を使用すれば、農地や駐車場などの上にも太陽光発電システムを設置することができます。太陽光パネルの下のスペースも有効利用できるのは魅力です。また大辰は、1つのメーカーしか販売できないような専属代理店ではありません。なので、各家庭や土地の環境に合った最良のメーカーの太陽光パネルを使用し、最適な施工方法で設置できるように提案してくれます。

雨漏りを防ぐために

屋根

屋根材やルーフィングが劣化すると、雨漏りが発生しやすくなります。防ぐためには、屋根材に塗料を塗ったり割れ目を塞いだりする防水工事が必要です。ルーフィングが劣化している場合には、新しく設置します。劣化を放置しておくと、野地板や天井板も劣化することになるので、防水工事は早めに行うことが肝心です。